ダヴィンチ治療院

ダヴィンチの立ち上げまで

ダヴィンチの立ち上げまで

 

追記:ダヴィンチ治療院の立ち上げまで

  

私は、今まで理学療法士として、整形外科クリニック、訪問看護ステーションにおいてリハビリ専門職として従事してきました。

  

その中で、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、大腿骨頸部骨折、変形性膝関節症や脊柱管狭窄症などの整形外科疾患を中心に、多くの患者様のリハビリに携わってきました

 

在宅では、病院での専門科だけで対応できるものではありません。

  

実際に、訪問リハビリでは、整形疾患、脳神経疾患、内分泌・代謝疾患、内臓疾患、精神疾患などの患者様と接してきました。

  

また、お一人で複数の疾患、病状を抱える方もいらっしゃいました。

  

そのため、セラピストには、広い知識と高い技術が必要との認識を持ちました。

  

加えて、同じ疾患であってもその方々で、

  

病状が違う、性格が違う、環境が違う、目標が違う、ということから、

  

専門的なスキルのみではなく、患者様お一人お一人に合った治療をきちんと提案できる評価力が重要と考えるようになりました。

  

そうした現状を受けて、

  

様々なニーズに柔軟に対応でき、包括的なアプローチを実践する治療院を作ろうと決意しました。

  

開業のために、一からあんまマッサージ指圧師の養成校に入ったため、治療院の立ち上げまでに3年も要してしまいましたが、

  

ようやく、理想とする治療院の土台を作ることができました。

  

まだ、立ち上げから年数も浅く、発展途上ではありますが、

  

スタッフ一人一人が、医療のプロとして高い意識を持ち、日々努めていくことで、

  

少しでも、地域医療や福祉の充実・発展のために貢献していきたいと考えております。

  

平成24年4月13日

ダヴィンチ治療院 代表責任者 神田 裕幸


PAGE TOP